今年の期待されてる宇宙ミッション


人間が宇宙へもっと近づく年になるのか?2015年期待されてる宇宙ミッションまとめ

地球だけじゃ狭くなったんでしょうか?人間は宇宙へ行くべきでしょうか?世界各国の宇宙への挑戦がもっと楽しくなる2015年、計画より遅くなりましたが、楽しい宇宙ミッションをまとめてみました。

宇宙ミッション、人間の宇宙挑戦_画像は映画INTERSTELLA

人間の宇宙挑戦_画像は映画INTERSTELLA

 

今の宇宙への挑戦は国から民間企業へその重心が移動されております。このことにより国はもちろん企業の競争が起きてもっと技術は発達するのではないでしょうか。民間企業が参加することは大金投資など利益が出るような仕組みを探し、実際事業として広げていくようなことにつながるので今まで国がやった進め方とは全然違う様子になる可能性が高くなります。

個人的には米国のテスラーの社長さんがすきなんですが、テスラーはもうNASAの物品運送契約を結んで商業的にロケットを打ち上げて一つの事業として運営しています。これは金になる道は見つけたんではないでしょうか。いろんなメージャ会社がどんどん投資してSF映画で見たような将来が実現できるとものすごく楽しい世界になるかと思いますが、どうなるでしょうか。

SpaceXのFalcon9の打ち上げ

SpaceXのFalcon9の打ち上げ

 

では、2015年楽しい宇宙ミッションは何があるのか一つずつみて見ましょう。

 

1.エクスコアエアロスペース社とリンス(Lynx)宇宙船

1999年で設立されたエクスコアエアロスペース社は宇宙旅行船リンス(Lynx)開発を邁進して今年中に商業飛行をスタートする見込みです。自体エンジン技術を利用して開発してリンスは液体燃料を利用する4つのエンジンを搭載しており地上から100kmの高度まで上昇します。もうチケット販売を開始したエクスコアエアロスペースのリンス搭乗券価格は9万5千ドルです。ただ、今知られた内容によるとパイロットと合わせて2人しか乗れないみたいです。でも今年の年末ごろに始まる人間の挑戦は楽しいですね。

宇宙ミッション、エクスコアエアロスペース社とリンス(Lynx)宇宙船

宇宙ミッション、エクスコアエアロスペース社とリンス(Lynx)宇宙船

http://www.xcor.com

 

2.スペースX社の再利用可能な海洋ロケットフラットフォーム

民間宇宙飛行会社スペースX社はパルコン9ロケットの1段階のロケットを海洋フラットフォームに着陸させる計画を立てている。時期は現在では今年の6月以降を予想している。ロケットの再利用は今まで全世界で初めてのことだ。また、スペースX社はNASAとの契約により貨物運送のため今年中に3回ロケットを打ち上げる予定である。

宇宙ミッション、スペースX社のFalcon9

宇宙ミッション、スペースX社のFalcon9

https://twitter.com/SpaceX?lang=ja

 

3.DSCOVR人工衛星1月に打ち上げ

(Deep Space Climate Observatory: DSCOVR)が2月8日、スペースX社はパルコン9ロケットに搭載され打ち上げる予定です。これは地球から150万km離れた深宇宙で太陽風をモニタリングする予定である。

宇宙ミッション、DSCOVR人工衛星_太陽風をモニタリング

宇宙ミッション、DSCOVR人工衛星_太陽風をモニタリング

http://www.nesdis.noaa.gov/DSCOVR/index.html

 

4.欧州宇宙機関(ESA)のIXV試験飛行実施

欧州宇宙機関(European Space Agency:ESA)はIXV(Intermediate eXperimental Vehicle)の試験飛行を2月11日に実施する予定である。このIXVは宇宙飛行後に地球大気圏に再進入することを試してみる予定です。現在1回宇宙へ出た宇宙船は1回利用後大気圏に再進入するとき全て消却されてるが、この試験が成功すると宇宙ステーションで作られたものや科学結果物を安全に地球へ送るのができるのだ。

宇宙ミッション、欧州宇宙機関(ESA)のIXV

宇宙ミッション、欧州宇宙機関(ESA)のIXV

http://www.esa.int/Our_Activities/Launchers/IXV

 

5.水星探査機、メッセンジャー3月で任務終了

水星探査機であるメッセンジャー(MESSENGER: MErcury Surface, Space ENvironment, GEochemistry and Ranging)が3月で任務を終えて水星表面へ落下させる予定である。以外と長く(11年間)続けて探査で水星のいろんな詳細情報を送ってきたメッセンジャーでしたがその最後まで水星の大気情報を送ってくることですので最後まですごいですね。

宇宙ミッション、水星探査機、メッセンジャー

宇宙ミッション、水星探査機、メッセンジャー

http://messenger.jhuapl.edu/

 

6.NASAのドーン(Dawn)宇宙船が3月6日セレスに到着

NASAのドーン(Dawn)は、小惑星ベスタ探査が目標でしたが、2011年ごろから2012年まで巨大小惑星ベスタ軌道を回った後セレスに目標を変更した。どうなるのか楽しいですね。

宇宙ミッション、NASAのドーン(Dawn)宇宙船

宇宙ミッション、NASAのドーン(Dawn)宇宙船

http://www.nasa.gov/mission_pages/dawn/main/index.html

 

7.宇宙ステーションでの1年ミッションのため宇宙飛行士2名が3月27日出発

NASAの宇宙飛行士とロシアの宇宙飛行士2人が宇宙ステーション1年滞留ミッションのために3月27日に出発する。今までは6ヶ月滞留が一般的なことでしたが今回の1年滞留ミッションで成功すると宇宙での最長期間滞留記録が更新されます。

http://iss.jaxa.jp/iss/flight/42s/

 

8.ハッブル宇宙望遠鏡、4月で25年目になる。

ハッブル宇宙望遠鏡は1990年に打ち上げてから25年になる。大きさはバスのサイズと似てるハッブル宇宙望遠鏡は今までいろんな修理をかけて今まで宇宙の珍しい風景を地球まで送ってきている。2018年までは活動できると予想しているが、2018年からは新しい宇宙望遠鏡である「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST:James Webb Space Telescope)」を交代する予定である。

宇宙ミッション、ハッブル宇宙望遠鏡、4月で25年目

宇宙ミッション、ハッブル宇宙望遠鏡、4月で25年目

http://www.nasa.gov/mission_pages/hubble/main/index.html

 

9.X-37B宇宙船、秘密任務のため5月発射

 

宇宙ミッション、X-37B宇宙船、秘密任務のため5月発射

宇宙ミッション、X-37B宇宙船、秘密任務のため5月発射

http://www.nasa.gov/press/2014/october/nasa-partners-with-x-37b-program-for-use-of-former-space-shuttle-hangars/

 

10.NASAのニュー・ホライズンズ (New Horizons) 、冥王星へ着く(7月14日予定)
宇宙ミッション、NASAのニュー・ホライズンズ (New Horizons) 、冥王星へ着く(7月14日予定)

宇宙ミッション、NASAのニュー・ホライズンズ (New Horizons) 、冥王星へ着く(7月14日予定)

http://www.nasa.gov/mission_pages/newhorizons/main/

 

11.ロゼッタ(Rosetta)、8月にもっと太陽に近付くと彗星に着陸した探査機がおきるのか
欧州宇宙機関 (ESA) の彗星探査機であるロゼッタ (探査機)

宇宙ミッション、ロゼッタ(Rosetta)、8月に起きるのか

宇宙ミッション、ロゼッタ(Rosetta)、8月に起きるのか

http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta

 

12.NASAの火星探査機、キュリオシティ (curiosity)もう3年目になる
宇宙ミッション、NASAの火星探査機、キュリオシティ (curiosity)もう3年目

宇宙ミッション、NASAの火星探査機、キュリオシティ (curiosity)もう3年目

http://www.nasa.gov/mission_pages/msl/

 

13.日本のあかつき (探査機)は再度金星へ挑戦
宇宙ミッション、日本のあかつき (探査機)は再度金星へ挑戦

宇宙ミッション、日本のあかつき (探査機)は再度金星へ挑戦

http://www.jaxa.jp/projects/sat/planet_c/index_j.html

 

14.シグナス (宇宙船)再挑戦、年末ごろ

再挑戦は成功されるのか。。。下記は昨年打ち上げ時の爆発動画です。次回は成功して欲しいですね。

 

 

2015年はこのぐらいでしょうか?2016年はもっと楽しいミッションがあるんじゃないか。。。

 


jshotgun

3楽とは、 いつも楽しく! どこでも楽しく!! 人生を楽しく!!!!! 死ぬときは大きく笑うぜ~~~

あわせて読みたい

コメントを残す