体の調子が悪い時に避けるべき食品5


体の調子が悪い時は、食べ物に注意しないといけません。
発熱や風邪、下痢と嘔吐(おうと)などは体にものすごい緊張感を与えてしまいます。
こんな時に身体は、免疫力も低下されどんどん弱まっていきます。
特に注意が必要なのは、体の調子をもっと悪くする食品です。
この食品について医療媒体の「thehealthsite.com」は「体の調子が悪い時に避けるべき食品5」を紹介しました。

 

体の調子が悪い時に避けるべき食品5

体の調子が悪い時に避けるべき食品5

 
 

 

 

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

 

♣コーヒー
体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

コーヒーはカフェインが多量含んでいます。このカフェイン成分により免疫体系がもっと弱くなりますので調子をもっと悪くさせる原因になるかも知れません。
カフェインはめまい、汗のぶんぴ、手振れなどを引き起こす可能性もある成分です。特に発熱症状の時には注意が必要です。

 

♣卵
体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

下痢の場合、卵は食べないこと!!
胃には卵のたんぱく質を分解する十分な酵素(こうそ)を生産されないので要注意ですね。
このときもし卵を食べたら嘔吐や体が腫れるなどの症状が現れる可能性もあるようです。

 

♣チーズ
体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

チーズも下痢や吐き気の時は、食べない!!
卵と似ているが、胃が消化できなくなるようです。そしてチーズは感染を起こすバクテリアを除去する機能を弱化させるので絶対避けるべき食品です。

 

♣ジャンクフード
体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

消化障害の場合、ジャンクフードは避けるべきです。
ジャンクフードの飽和脂肪は消化器官を刺激しげきするので障害をもっと悪化させてしまいます。

 

♣ナッツ類
体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

体の調子が悪い時に、注意する食品ベスト5

熱が出て体温が高いときには、ナッツ類を避けるべきです。
ナッツ類は、体温を高くするアルギニン成分をたくさん含んでいるのでアーモンド、クルミ、ヘジュルノッなどは避けるべきですね。

 

 

常識としてこんな情報は知っておくべきではないでしょうか。
意外と日常生活で普通に食べてる食品ですよね。

私も好きな食品ですが、もし体の調子が悪くなったら注意しましょう。

 
 

 
 


jshotgun

3楽とは、 いつも楽しく! どこでも楽しく!! 人生を楽しく!!!!! 死ぬときは大きく笑うぜ~~~

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください