IEではYouTube利用できなくなる

2020年3月18日

マイクロソフト(MS)のウェブブラウザ「インターネットエクスプローラー(IE)」ではユーチューブを利用できなくなる

今日(3月18日)IEでユーチューブ(YouTube)にアクセスするとこんアラートメッセージメッセージが表示されます。
「このブラウザのサポートはまもなく終了します。快適な視聴をお楽しみいただくためには、ブラウザをアップデートしてください。」というフレーズが表示される。

グーグル(Google)は今年2月、YouTube「ヘルプフォーラム」で3月から旧バージョンのYouTubeサービスを中断すると発表しました。


これにより今月(3月)から最新のデスクトップバージョン(2017年)のユーザーインターフェース(UI)のみアクセスできるようになっています。


つまり最新UIと互換されないウェブブラウザはユーチューブ(YouTube)が利用できなくなるわけです。
またGoogleは前からマイクロソフト(MS)のウェブブラウザ「インターネットエクスプローラー(IE)」ではユーチューブを利用できなくなることを告知しました。

そしてIEは2025年10月までサポート予定であり、ブラウザ占有率もどんどん減っているのが事実です。
これにより色んなサービスプラットフォームから早めにIEサポートが終了される見込みです。

今グローバルブラウザ占有率を調べて見るとIEはTOP5にも入っておりません。

ただ日本はまだIEのブラウザ占有率が3位ですね。

※参照サイト https://gs.statcounter.com/

現在IEでユーチューブ(YouTube)動画視聴は可能ですが、いつかは見れなくなると思います。
「このブラウザのサポートはまもなく終了します。快適な視聴をお楽しみいただくためには、ブラウザをアップデートしてください。」というフレーズが表示される。

もしまだIEでYouTubeを楽しんでいる方はなるべく早くお勧めのブラウザに乗り換えてください。

YouTubeからのお勧めブラウザダウンロード

Google Chrome

Mozilla Firefox

Microsoft Edge

Opera